むくの入院(2)

(続きを書くのが遅くなってしまいました。)

赤坂の病院に到着し、事情を説明してから、色々と体を触ったり(とくに鼠蹊部や、肉球)、熱を測ったり、歩けるかどうかを試してみたり。
でもその時点では、血栓症の明らかな兆候は出ていませんでした。
ただ、これから症状が強く出てくるのかもしれない。その見極めが難しいのです。

他の可能性も考えて血液検査をすることになりました。
「血栓症の可能性を考えて、予防的に飲ませるお薬もありますが、費用も高め(8万)です」という話もあり、それで悪化を防げるのなら飲ませようと考えながら、血液検査結果を待ちました。
さらに心臓部が肥大しているか、エコーとレントゲンも撮ることに。

その結果分かったのは、腎臓の値がものすごく悪いということ。
尿素窒素(BUN)が81クレアチニンが8.6とどう見ても基準値を大幅に超えた最悪な値でした。
むくは8月31日にかかりつけの病院で血液検査をしていて(ブログにも備忘録で残しました)、その際のBUNが37、クレアチニンが2.9だったので、腎不全が進行しているとは言われていたのです。
ただ、おう吐などの症状もなかったので、食事を完全に腎臓食に切り替えるということしかしていませんでした。
今から思えば、この時期から少しずつ治療を開始していれば、ここまで高い値になるまで放置することにはならなかったかもしれない。
多飲多尿や体重減少といった変化にも、もっと気を回せていたかもしれない。

エコーやレントゲンで明らかな心臓肥大が認められなかった時点で、慢性腎不全が急激に悪化したか、あるいは何らかのきっかけで急性腎不全の可能性が高いということが分かったわけですが、心筋症という持病もあり、血栓症で急変する可能性がゼロになったわけではない。

けれどもおそらくこれだけの腎臓の値だと、本猫的にもかなり気持ち悪くなるらしく、腎臓の治療はすぐに始めた方がよい、と。心筋症持ちの子の心臓への負担を減らしつつ、腎臓の値を落ち着かせるためには、少量ずつ、静脈点滴をすることがベスト(逆に言えば、それしか治療法がない)とのことで、むくをその晩から入院させることになりました。

治療はワンクール4日間。
静脈に留置針を置き、24時間少量ずつ点滴を行います。
おそらく原因は腎臓だろうという結論が出つつありましたが、たとえもし心筋症の発作が出てしまったとしても、24時間体制で診て頂けるために安心であるということで、その晩、私はむくを残してひとり帰宅しました。
4日間の点滴で値が下がれば少し安心、もし下がらなければまた相談ということになったのです。

帰って相方に電話で報告しながら大泣きしました。
むくが大好きだった相方がいなくなってから、私自身も余裕がなくなり、自分のことに精いっぱいで、むくの異変に気づいてあげられなかった。

続きます。
[PR]
# by columbus59 | 2013-11-10 14:57 | 猫の慢性腎不全 | Comments(2)

むくの入院(1)

相方が渡米してから40日余りが過ぎました。
いないときに限っていろんなことが起こるものです。
私は体調を崩し、なかなか体が思うようにならず、しばらく休養したりしていましたが、仕事にも復帰し、ようやくペースをつかめてきたかなと感じていた矢先、むくが入院する事態となりました。

帰宅後、むくの様子がおかしかったのです。
何かにおびえている感じ。撫でてみてもゴロゴロはなし。鼻先もかわいているような。
「何か怖いことでもあったのかな?」・・・そんな風に思っていました。
が。20時過ぎにトイレに立ったむくの足元がふらついているのを目にし、これはまずいと。
まず脳裏に浮かんだのは、心筋症による血栓でした。
血栓症だとすれば一刻を争う事態。
すぐにかかりつけ医に電話するも留守電。
藁をもすがる思いで、留守電にメッセージを残しました。
それからしばらくして、留守電を聞いた動物看護士さんから電話がかかってきました。
すでに診療は終了しており、夜間救急も受け付けてないとのことでしたが、24時間対応の都内の動物病院をふたつ紹介してもらえました。

そのうち、我が家から近い方は、以前、シカゴへの渡航(検疫)準備の際にお世話になった病院。
すぐに電話して、受け入れてもらえることを確認。
むくをキャリアーに入れ、タクシーを呼んで、家を飛び出しました。
自分の体調の不安は大きかったけど、頼れる人がいない。
そうなると迷っている時間はなかったのです。

長くなるので次回に続きます。
[PR]
# by columbus59 | 2013-11-01 22:27 | 猫の慢性腎不全 | Comments(4)

ジャングルジム状態

家の中が箱やら段ボールやらであふれかえっています。

相方君の引越荷物で狭い家が更に狭くなりました。
にゃんずは自分のにおいをこすりつけたり、そらはジャングルジムのように軽やかに飛び乗ったり。
何度も繰り返してきた引越、相変わらず、猫は何の役にも立ちません(^^;)。

我が家は2005年にニューヨークから戻ってきましたが、この秋ふたたび赴任することになりました。
といっても当面?は相方のみ。彼はあと2週間後には東京を離れるのでもう直前です。

2005年8月末にニューヨークを離れるときは、いつかまたこの場所に戻ってきたいと強く願っていました。
若かったし、初めての海外生活で、大変なこともあったけど、とても充実していて楽しかった。
あれから8年。色々と状況も変わり、にゃんずも歳を取り、再びのNY転勤を単純には喜べなくなっていました。

まぁどうにかなる。
そう思ってその時その時でベストな選択をする(ベストを尽くす)しかないですね。
これって私が一番苦手とするものですが。
転機をチャンスにしなければ。

にゃんとかにゃるにゃ(by むく)
c0046120_1126867.jpg
[PR]
# by columbus59 | 2013-09-08 11:30 | ひとりごと | Comments(2)

腎不全の進行を抑える

むくの半年に一度の心臓エコー検査(+心電図とレントゲン)に行きました。ついでに血液検査もやってもらうことに。
心臓の方は投薬を始めてからは現状維持という状態ですが、今回むしろ、腎機能が落ちていることを指摘されました。
絶食での血液検査ではなかったので、食べたものが多少なりと影響しているのは否めないのですが、クレアチニンの値が上昇していると。

クレアチニン値(備忘録)
2009年12月 1.4mg/dl
2010年     - (シカゴ)
2011年12月 2.0
2012年6月  2.0
2012年10月 2.2
2013年8月  2.9

確かにかなり上昇しています。
尿素窒素BUNも2012年の30.3から37.0に上昇していますが、こちらは食事の影響も受けやすいため、クレアチニンの上昇の方が問題視されました。

エコーの所見も、腎臓の内部が黒く映るという状態になっていて、腎機能が低下すると不明瞭になるという所見に合致しているとのこと。

高齢猫の宿命とはいえ、やはり聞くと落ち込みます。
当面は腎臓食オンリーで食事管理をすることに。
カリカリ派のむくながら、1種類のカリカリだと飽きるだろうし、たまの鰹節もお預けです。
食の楽しみを奪うって・・・心が痛みます。

とはいえ慢性腎不全が進行すると、週1~3の通院や自宅での点滴で医療費も大変かさむと聞くし、当のむくにとってもつらい日常になることは確実。食事制限もやむなし。。

むくはこの12月に12歳になるので、確かに高齢猫ではあるけれど、少し早いような気もしました。
あるサイトには、

シャム猫、メインクーン、アビシニアン、またバーミーズ、ロシアンブルーは、他の猫の2倍以上の確率で、腎不全となることがあります。
(引用サイト http://pet-hikaku.com/entry39.html)

あぁ、そうなのね・・・。


食事療法は猫によっては劇的に効果がある場合があるとのことで、しばらく様子を見てみます。

c0046120_17333393.jpg
 
[PR]
# by columbus59 | 2013-09-01 17:34 | 猫の肥大型心筋症 | Comments(0)

大きくなったね

素敵なプレゼントを頂きました。
c0046120_2151266.jpg


ななさん、幸せそうで何よりです056.gif
c0046120_21514476.jpg

[PR]
# by columbus59 | 2013-08-04 21:56 | 保護猫ナナ | Comments(2)

短期記憶か、体内時計か

7月初旬からの暑さで人間も猫も、バテ気味。
職場の猫さんは特に気の毒。外生活なので暑さがしのげず、夕方にはぐったり横になっている。

むくそらは少し食欲が落ち気味。
そらはもともとカリカリより缶詰がお好みで、朝晩、缶詰を少しずつ与えている。
この習慣のために、朝は5時台には起こされ、夜は10時前後にはねだられる。
素晴らしい体内時計!

けれど、たまにその時計が狂うのか、夜の8時~9時ごろまでに缶詰を欲しがり、
つい与えてしまうことがある。

こちらとしては、もう「夜の分は食べた」という認識なのに、なぜか10時ごろになって
また、当然のように「缶詰ちょうだい」モードのそら。
「さっき食べたよね~?」と諭してもなかなか伝わらない。

知能犯というよりも、本当にカラッと忘れているような表情。
猫って短期の記憶力が極端に弱いとか?
あまりにしつこい場合は2度目を与えてしまうことも。。。
本猫は「夜ご飯はもらってない」と固く信じている様子なので、何とも扱いずらいのです。

c0046120_2149066.jpg

[PR]
# by columbus59 | 2013-07-14 11:58 | | Comments(4)

腕枕

3か月ぶりの更新です(汗)。

もう1年の半分が過ぎてしまった…早い!
毎日が忙しく、なかなか更新できませんが、むくそらは元気にやっています(最近いつもこの記述パターンだなぁ)。

むくの最近のマイブームは夜寝るときの腕枕。
腕枕される方は肩が痛くて大変なのだけど、「猫さま優先」なので断れず。。。
気が向くままに、相方の腕に収まったり、私の腕に収まったり。

とまぁ、にんげんは忙しくとも、にゃんずは平穏な日常の我が家。
そんな日々を送ってきましたが、また変化がありそうなので、近いうちにご報告したいと思います。

c0046120_18134757.jpg
[PR]
# by columbus59 | 2013-06-07 18:21 | ひとりごと | Comments(4)

近況

気が付いたらもう3月も後半に突入。桜が咲かんとしてます。
ずいぶん春めいてきましたね。

私は相変わらず、週末も関係なく仕事に追われることが多く、きりきり舞い。
正直、自分の仕事がこれほど多岐にわたるということが(それを目指していた若いころには)
実感できていなかった。
一番集中したい部分に回す時間を確保しがたいのが目下の悩みだけど
少しずつながら、着実に地歩を固めてきている気がするから、何とか頑張れてます。。

むくそら(と相方)は相変わらずマイペース。

c0046120_18381612.jpg

だっこされてもおとなしい。
[PR]
# by columbus59 | 2013-03-17 18:41 | ひとりごと | Comments(2)

高速フミフミ

我が家の二男坊そらちゃんはもうすぐ7歳になるんですが…
昨年の暮れごろ、それまで一切しなかった「フミフミ(踏み踏み)」を突如として始めました。
お布団にかけたふわふわの毛布の上で。

むくは、寝る前に(ゴロゴロ言いながら)フミフミするのが恒例で、
本当に気持ちよさそうに目を細めながらゆっくりと前足を動かします。
まるで子守唄でも聞かされているようにうっとりと。

一方のそらちゃんは、なんだかせっかちなフミフミで。
時間も短いし、動作も早いし、まるで「芋ほり」しているよう!

二匹の性格を反映しているようで、笑えます037.gif

このむっくん、カメラを向けられてぶーたれ顔ですねぇ。
c0046120_1215119.jpg

[PR]
# by columbus59 | 2013-01-26 12:06 | | Comments(2)

ご無沙汰しています

c0046120_1855154.jpg


ブログを長らく放置してしまいました。
ご心配をおかけしてしまって申し訳ありませんでした。

むくそらともに元気です。

飼い主(わたし)の働く形態が変わって、仕事が忙しくなってしまい、少しブログから離れている間に、あれよあれよ…と時間が経ってしまいました。
ほぼパソコンは職場で開くようになってしまったので、私的なブログは更新できず。
エキサイトブログのアプリをiPhoneにインストールしたものの、ず~っと不具合が解消されず(今はもう回復しているのかも?)画像を投稿しようと試みては落ちる、を2~3度経験して、すっかり諦めモードになっていました(と言ってもその時点で6月くらい)。

久しぶりにブログを開けてみたらコメント欄も消えている??と本人の自覚ないままに、仕様が変わっていてびっくりです(元に戻しました)。

むくそらの近況を簡単に。

むくは心臓のお薬を朝晩続け、半年に一回、エコーや心電図検査を受けています。
12月に検査したところ、血流の流れのスピードがかなり改善しているとのこと。
このままお薬を続ける予定です。

そらは変わらず元気です。
私が留守がちで運動不足なのか、ゆっくり成長するタイプなのか、ずいぶん体が大きくなってしまいましたが…。相変わらず私のあとを付けて回るストーカー猫です。

今年もお世話になりました。来年は更新できるよう頑張ります。
皆様と家族とにゃんこが来年もつつがなく、元気に過ごせますように。
どうぞ良いお年をお迎えください。
[PR]
# by columbus59 | 2012-12-30 17:50 | ひとりごと | Comments(6)