そらの様子

もう6月も半ばですが、今年のニューヨークは寒く、雨が多く、春らしい春が来ないまま、夏の季節に移り替わろうとしています。

1匹になったそら。
やはり張り合いがなさそうに見えます。むくがいた頃は、(むくの晩年も)時々追いかけっこをしていました。

生まれてからずっと兄弟猫やむくと過ごしてきたそらなので、今の状況は刺激不足、退屈だろうと思いますが、そうはいってももう12歳。
子猫を迎えるには年が離れすぎているし、成猫を迎えるには、テリトリー等の問題で難しい。そして転勤族の私たちには、1匹でいることの利点もあり…。

★2005年7月のむく。
  マンハッタンのアパートで1匹で気ままに過ごしていたころ。

むくはとても童顔で、いつまでも子猫らしさを残した猫でした。私たちは、むくが1匹だとつまらない・寂しいだろうと思い、悩んだ末に2匹目の猫(そら)を迎えた経緯があります。でも、むくはひとりっこで満足していたのだということを、そらを迎えてから理解することになりました。顔は幼かったけど、とても大人な猫でした。色んなことを我慢して、受け入れてくれた猫だったと思います。
c0046120_11310712.jpg



[PR]
by columbus59 | 2018-06-14 11:40 | | Comments(2)
Commented by わんこ at 2018-09-01 21:15 x
随分とご無沙汰してしまったなと思い、本当に久しぶりにこちらに尋ねてまいりました。
そして、むくくんのことを知り、この写真を見て、涙がとまらない

かわいいかわいいむくくん。
この寝顔、大好きです!
ブログを通しての出会いでしたが、私にとっても特別な猫さんでした。

そらくんが、これからも元気に過ごせますように。
そして、columbus59さんも。
ありがとうございます。
Commented by columbus59 at 2018-09-28 06:27
>わんこさん
こちらこそご無沙汰してしまいました。メッセージを頂けてとても嬉しいです。それなのにお返事が遅くなってしまって申し訳ありません。
むちこさんとしゅらくんはお元気ですか?

子猫の当時から体が弱く、いつも何かしら病院通いをしていたむくでしたが、最期はあっけなく逝ってしまいました。
でもそれはむくが変わったのではなく、むくの周り(私たち)が変わったからだと思います。本当にかわいそうなことをしました。

そらはまだ息子に心を許しておらず、距離は縮まっていないのが残念なのですが、そらには穏やかに天寿を全うしてほしいと願っています。
わんこさん、こちらこそありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

二週間 >>