そらを閉じ込める

そらは時々書斎のデスクに向かう私のところにやってきて、膝の上で眠る。
椅子の横にはオイルヒーターがあり、あたたかい。
今日も膝の上で寝始めたものの、出かけなければならない時間になり、オイルヒーターをオフにして、そらをひざ掛けごとイスの上にそっとおろして、そのまま出かけた。

帰ってくるとむっくんがお出迎え。
いつも以上に甘えた感じがしていたけれど、特段家の中に変化はなく。
そらが見当たらなかったけど、きっと猫こたつのなかで眠っているのだろうと思っていた。

しばらく経ってからこたつを覗くと、意に反して、かっらっぽ。
あれ?そらちゃんはどこだ??
寝室の布団の中かな、と思い向かうと、書斎のドアが閉まっている。少し開けておいたはずなのに。
もしかして?!とあわてて開けるとそらが飛び出てきた。

観音扉も開けられるくらい手先が器用なそらなのに、書斎のちょうど出口に置いた段ボールが邪魔になってうまく出られず中から扉ごと押してしまったらしい。寒い部屋に閉じ込めるなんて、かわいそうなことをした(><)

そのあとも私の椅子で寝てくれたけど、私が席を外すとあわてて書斎から出てくる。
トラウマにしちゃったかも。

そらちゃん、以後じゅうぶん気を付けます。

なぜか水飲み場を真剣に覗いていることが多いそら。何が見えるのかな?
c0046120_23144942.jpg

[PR]
by columbus59 | 2012-03-13 23:12 |
<< The world is wa... いつまでも2歳児 >>