むくの診断の経緯

猫の肥大型心筋症については、こちらのページに詳しい解説があります→ここ

心筋症には肥大型や拡張型などいくつか種類があるようですが、むくの場合は猫に一番多い肥大型。
心臓の一部の筋肉(左心室の壁)が肥大化し、スムーズな血流が妨げられている状態です。

左心室が肥大した壁で小さくなると十分な血液が入ってこず、壁=筋肉が線維化し、ポンプ運動に支障がでるために、全身に血液を効率的に送れなくなります。これを補おうと、心臓は一層動きを速め、心拍を上昇させます。

むくは数年前の健康診断のさいに「心臓に雑音あり」と診断され、そのときにエコー(超音波)検査やレントゲン検査を行いました。
その際には心筋症の「恐れがあり」(グレーゾーン)だったのですが、昨年12月にもう一度検査をして、筋肉の厚さや血流のスピードを測定した結果、症状が進行しているようだと言われました。
(ただ、以前の担当医は退職してしまっていて、今回担当してくれたのは別の非常勤の先生。担当医は変わってしまったものの、エコーのエキスパートで、心筋症についても詳しいようだったので安心)

同時に行った血液検査で腎機能も低下していることが分かったものの、これは高齢猫には普通のことで、腎臓病に伴う心筋症ではない&甲状腺機能亢進症による心筋症でもない、となると、これらの病気の付帯症状として起こったのではなく、単独の疾患としての肥大型心筋症だろうと診断が下りました。

ただし、むくの雑音のケースはむしろまれで、心筋症は何の前触れもなく突然発症することが多いようです。
肺に水がたまったり(肺水腫)、心臓で形成された血栓が流されて下半身の血管に詰まる状態に至った場合は、極めて予後不良で突然死も多い、いわばサイレント・キラーのような深刻な病気なのです。

先生いわく、一説にはアメショやメインクーンに多く発症と言われているけど、原因や遺伝性についてはまだよく分かっていないとのことでした。
(アメリカ産の猫種に多いとも言われているようですが---アメショもメインクーンもアメリカ原産---もしそれが正しければアメリカンバーミーズも該当するのかも。アメショの血も入ってるし…)

けれど、ググると愛猫の肥大型心筋症についてつづったブログが山ほどあり、猫種もバラバラ・・・。
そして大半が突然の発作がおきて初めて病気を知る、というものでした。
発症したら、一刻を争う事態。だけど、留守だったり、夜中だったり、必ずしもすぐに病院に駆け込みことができない場合もありえます。


むくは幸い発作が出たわけではないので、今は心臓の動きを調整するお薬を毎日飲ませている状況です。
心臓の薬というのは、いったん始めると止めることはならず、一生飲ませ続けるものなので、さすがに勇気がいりましたが。

お薬は様子を見ながら徐々に増やしていくのだけど、働きすぎる心臓を休ませる作用があるため、過剰に投与すると、逆に心臓の働きを抑え込みすぎてしまうのです。
なので、日常的に心拍数をはかることでノーマルな状態を把握し、薬の増減の際に参照することが望ましいということで、聴診器を買ったのでした。
(病院では緊張してしまって、正確な心拍数が測れないため)

このように、心筋症は発症年齢もさまざま、予兆もないことが多いので、健康診断の際にはぜひともエコー検査も追加しておくことをお勧めします。

c0046120_2038518.jpg

[PR]
by columbus59 | 2012-02-15 21:21 | 猫の肥大型心筋症 | Comments(6)
Commented by birdy at 2012-02-16 11:09 x
むくそらママさん こんんちは~

詳しい解説ありがとうございました。
我が家もニャンコ兄弟気をつけようと思います。

ここのところ私獣医不信で、ニャンコ兄弟ににもワクチン受けさせるのイヤで、獣医さんへ診せていません。

何か事が起きなければ獣医さんへ行くことも無いかと思っていましたが、何となく不安になってきました。

彼らを守ってあげられるのは家族しかいないですからね。

むく君、心臓の動きが良くなるといいですね。
薬か~。
難しい投薬ですね。怖いな。
心配です。
Commented by peko at 2012-02-16 12:49 x
ママさん こんにちは~。

むくさんの件、心が痛いです。
ショコラが肥大型心筋症で亡くなって今年の秋で4年です。
早朝に発作が起き、発作後4時間で病院へ駆け込んで初めて判明しました。
エコー検査の結果、心臓の厚みが正常で6ミリの所9ミリに
なってました。
発作まで判らなかった事に悔いが残ります。

むくさんの場合、まだ発作がでてないので幸いですね。
お薬飲んで、すこしでも楽しく長く生きて欲しいです。

ママさん、大変だけど心残りのないように頑張って~~。
Commented by きなこ at 2012-02-16 18:27 x
はじめまして・・・かな?
birdyさん家のそうちゃんの兄弟猫のチーズの家の者でございます。
実は密かにブログは拝見しておりました。
コメントさせて頂こうと思ったのは、チーズも心筋症で同じ様子でしたので。

一昨年の健康診断のときに発覚して、昨年からACE阻害薬をはじめました。
お薬ではないのですが、コエンザイムQ10は心臓病に良いとのことで
一昨年の発覚時から飲ませています。
腎臓も結石あったり萎縮してたり、アレルギーも他の猫ちゃんと比べると、
すごく多いしと心配したらキリないのですが、
今は、3ヶ月に1度の定期検査とお薬で、とても元気にしています。
本人・・・本猫にとっては病院通いはストレスかなとも思うのですが、
私たちが苦しいってわかった時じゃ、もう助けてあげられないかもしれないし。
先生にも「飼い主さんの責任です。」とキッパリ。

20歳を目指しているんですよ。
まだまだ長いですよ〜
むく君ガンバレ!!
Commented by columbus59 at 2012-02-16 23:46
birdyさん
獣医は信頼できる所に変えてみられてはいかがでしょうか。
技術、値段、方針など、やっぱりかなり格差があるように感じます。

提示された治療方針を最終的に選ぶのは飼い主ですが、信頼できない病院では任せられないですから。

犬猫も高齢化してくると色々と健康問題が出てきてしまうし、やっぱり早期発見、早期治療がベストだとなると、毎回の健康診断は必要悪だと我が家では考えているんです。
Commented by columbus59 at 2012-02-16 23:54
pekoさん
もう4年目なんですね。。

ショコラちゃんはとても若かったし、まさか心臓が悪いなんて思いもせずエコー検査などしないでしょうから、事前に発見できなかったのはしょうがないと思います。
私もお知らせいただいたときはあまりにびっくりして。
もちろん心筋症という病気も知りませんでした。

昨日まで元気だった子が突然発病し、命を奪われるというこの病気のパターンが、飼い主を悲しみのどん底に突き落とすんですよね。。。

むくがどうなるかこの先不安もありますが、できる限りのケアを続けます。ありがとうございます。
Commented by columbus59 at 2012-02-17 00:06
きなこさん
はじめまして。ブログのぞいて下さってたんですね。ありがとうございます。

チーズ君も同じ病気を患っていたとは…。
ショコラちゃんを含めてバミで3匹って結構な確率ですよね。

そうじ君の兄弟となると、そらと両親がまったく同じなので、
アメリカンバミの遺伝性を疑っていましたが、ヨーロピアンも?!と驚いています。
(でも日本のバミはアメリカン・ヨーロピアン関係なくどこかで血が繋がっているので、区別は関係ないのかも。。)

確かに病院通いはストレスですね。
でも放っておいたら発作の危険性があるとなると、薬&定期チェックを選んでしまいました。うちも2~3か月毎のエコーになる予定です。

経験者のブログを見ていると、お薬でコントロールできている猫ちゃんも多いようなので、一緒にがんばりましょう!
コエンザイム、獣医さんに相談してみます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 備えの必要 心拍をカウント >>