お疲れさま

私の出ているゼミはあと残り2回あるのだけど、もろもろの事情で、私は今日が最後でした。
今、ちょっとした解放感にひたっています。
だって、すご~~~くしんどかった から!

日本語で読んだとしても超難解であろう英語文献を毎日大量に読まなければならず、
3時間のディスカッションでは、スマートでしゃべりまくるネイティブの学生に囲まれて、
もうほんと、ここ数年間のうちでも、一番自分の不甲斐なさを感じ、打ちのめされる経験の連続でした。
どっちがPh.Dもっているのかわからないくらい...
アメリカのトップスクールの学生の、大学(院)教育を通した鍛えられ方の違いを、まざまざと見せつけられる思いでした。
自己評価は100点満点中、15点(低っ)。

でもおかげで、新たな視点を沢山仕入れることが出来たかな。
それでもインプットとアウトプットは別。お勉強すること=インプットは、当たり前になすべきことであって、それをいかに使いこなしてアウトプットをするか、要はペーパーを書かなければ、何もしていないに等しい世界。そのことを肝に銘じて、本当の努力はこれからです。


得たことはもう一つ。
大教室での講義も聴講しているのだけれど、日本へ帰ってから自分自身の講義をする上で、沢山の反省点やヒントをもらったように思います。
刺激を受けて理想を掲げても、自分のレベルも(日本の)学生のレベルもここと同じというわけにはいかないけれど、少なくとも、自分の講義は以前のものよりも密度が濃い、よく考え抜かれたものにしよう、という意欲が湧きました。


苦労すればするほど、ますます自己評価が低くなるのが問題ですが…(汗)←性格的に。
もとい、このくらいで苦労というには値しないかもしれませんが…。
以前にこのblogにも引用したとおり、

何もしなければ道に迷わないけれど
何もしないと石になってしまう


この言葉を思いだしながら、自分なりにがんばりましょ。
[PR]
by columbus59 | 2010-11-12 12:24 | ひとりごと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< いい感触 Naturalizer >>