カテゴリ:猫の肥大型心筋症( 4 )

腎不全の進行を抑える

むくの半年に一度の心臓エコー検査(+心電図とレントゲン)に行きました。ついでに血液検査もやってもらうことに。
心臓の方は投薬を始めてからは現状維持という状態ですが、今回むしろ、腎機能が落ちていることを指摘されました。
絶食での血液検査ではなかったので、食べたものが多少なりと影響しているのは否めないのですが、クレアチニンの値が上昇していると。

クレアチニン値(備忘録)
2009年12月 1.4mg/dl
2010年     - (シカゴ)
2011年12月 2.0
2012年6月  2.0
2012年10月 2.2
2013年8月  2.9

確かにかなり上昇しています。
尿素窒素BUNも2012年の30.3から37.0に上昇していますが、こちらは食事の影響も受けやすいため、クレアチニンの上昇の方が問題視されました。

エコーの所見も、腎臓の内部が黒く映るという状態になっていて、腎機能が低下すると不明瞭になるという所見に合致しているとのこと。

高齢猫の宿命とはいえ、やはり聞くと落ち込みます。
当面は腎臓食オンリーで食事管理をすることに。
カリカリ派のむくながら、1種類のカリカリだと飽きるだろうし、たまの鰹節もお預けです。
食の楽しみを奪うって・・・心が痛みます。

とはいえ慢性腎不全が進行すると、週1~3の通院や自宅での点滴で医療費も大変かさむと聞くし、当のむくにとってもつらい日常になることは確実。食事制限もやむなし。。

むくはこの12月に12歳になるので、確かに高齢猫ではあるけれど、少し早いような気もしました。
あるサイトには、

シャム猫、メインクーン、アビシニアン、またバーミーズ、ロシアンブルーは、他の猫の2倍以上の確率で、腎不全となることがあります。
(引用サイト http://pet-hikaku.com/entry39.html)

あぁ、そうなのね・・・。


食事療法は猫によっては劇的に効果がある場合があるとのことで、しばらく様子を見てみます。

c0046120_17333393.jpg
 
[PR]
by columbus59 | 2013-09-01 17:34 | 猫の肥大型心筋症

むくと花見

週末は遠出したわけではないけど、気候に恵まれ桜満開とあって、歩き回ってやや疲れ気味。

土曜日は朝いつもより早起きして、千鳥ヶ淵まで歩き、満開の桜を堪能した後、家に戻ってむくの病院へ。
むっくん、薬の量を慎重に増やしつつ様子見の状況ですが、今のところ安定しています。
期待通りには心拍は下がらないのだけど、まったく効かないわけでもないようで。
もう少し時間をかけながら、薬の量の調整を続けます。

ところで、病院で体重を測ったところなんとまさかの4.8キロ!!ひぇ~~008.gif

最近下剤も飲ませており、便秘も以前よりほんの少しは解消しているはずなのに、この体重増加は・・・。カイヌシノカンリフユキトドキデス。。。
おそらく、薬を飲ませる時に使っているピルポケットと、夜中の置き餌の量が多すぎた模様。
ダイエットが必要ですが、猫の場合、急激な体重減少は肝臓に負担が大きいらしいので、徐々にトータルの食事量を減らしていこうと思います。

千鳥ヶ淵
c0046120_22135181.jpg

c0046120_22151818.jpg


外堀通り
c0046120_2214573.jpg


江戸川橋
c0046120_2214531.jpg

[PR]
by columbus59 | 2012-04-08 22:17 | 猫の肥大型心筋症

むくの診断の経緯

猫の肥大型心筋症については、こちらのページに詳しい解説があります→ここ

心筋症には肥大型や拡張型などいくつか種類があるようですが、むくの場合は猫に一番多い肥大型。
心臓の一部の筋肉(左心室の壁)が肥大化し、スムーズな血流が妨げられている状態です。

左心室が肥大した壁で小さくなると十分な血液が入ってこず、壁=筋肉が線維化し、ポンプ運動に支障がでるために、全身に血液を効率的に送れなくなります。これを補おうと、心臓は一層動きを速め、心拍を上昇させます。

むくは数年前の健康診断のさいに「心臓に雑音あり」と診断され、そのときにエコー(超音波)検査やレントゲン検査を行いました。
その際には心筋症の「恐れがあり」(グレーゾーン)だったのですが、昨年12月にもう一度検査をして、筋肉の厚さや血流のスピードを測定した結果、症状が進行しているようだと言われました。
(ただ、以前の担当医は退職してしまっていて、今回担当してくれたのは別の非常勤の先生。担当医は変わってしまったものの、エコーのエキスパートで、心筋症についても詳しいようだったので安心)

同時に行った血液検査で腎機能も低下していることが分かったものの、これは高齢猫には普通のことで、腎臓病に伴う心筋症ではない&甲状腺機能亢進症による心筋症でもない、となると、これらの病気の付帯症状として起こったのではなく、単独の疾患としての肥大型心筋症だろうと診断が下りました。

ただし、むくの雑音のケースはむしろまれで、心筋症は何の前触れもなく突然発症することが多いようです。
肺に水がたまったり(肺水腫)、心臓で形成された血栓が流されて下半身の血管に詰まる状態に至った場合は、極めて予後不良で突然死も多い、いわばサイレント・キラーのような深刻な病気なのです。

先生いわく、一説にはアメショやメインクーンに多く発症と言われているけど、原因や遺伝性についてはまだよく分かっていないとのことでした。
(アメリカ産の猫種に多いとも言われているようですが---アメショもメインクーンもアメリカ原産---もしそれが正しければアメリカンバーミーズも該当するのかも。アメショの血も入ってるし…)

けれど、ググると愛猫の肥大型心筋症についてつづったブログが山ほどあり、猫種もバラバラ・・・。
そして大半が突然の発作がおきて初めて病気を知る、というものでした。
発症したら、一刻を争う事態。だけど、留守だったり、夜中だったり、必ずしもすぐに病院に駆け込みことができない場合もありえます。


むくは幸い発作が出たわけではないので、今は心臓の動きを調整するお薬を毎日飲ませている状況です。
心臓の薬というのは、いったん始めると止めることはならず、一生飲ませ続けるものなので、さすがに勇気がいりましたが。

お薬は様子を見ながら徐々に増やしていくのだけど、働きすぎる心臓を休ませる作用があるため、過剰に投与すると、逆に心臓の働きを抑え込みすぎてしまうのです。
なので、日常的に心拍数をはかることでノーマルな状態を把握し、薬の増減の際に参照することが望ましいということで、聴診器を買ったのでした。
(病院では緊張してしまって、正確な心拍数が測れないため)

このように、心筋症は発症年齢もさまざま、予兆もないことが多いので、健康診断の際にはぜひともエコー検査も追加しておくことをお勧めします。

c0046120_2038518.jpg

[PR]
by columbus59 | 2012-02-15 21:21 | 猫の肥大型心筋症

心拍をカウント

c0046120_22294392.jpg

聴診器です。人間用の本物です。
それなりのお値段がしたのだけど、本格的でびっくり!

これでむくの心拍を記録する予定です。
聴診器の音は訓練された耳=医師に対しては、沢山の情報を伝えます。
医学生は音のパターンを医学部で学ぶのです。
ただ私は素人なので、単純に心拍をカウントするだけ。

猫の心拍は、胸に手を当てたり、股の内側の動脈から(脈拍を)測ることも出来るらしいのだけど、難しいので聴診器を買うことにしたのです。獣医さんに相談したら、ネットでも手に入ると教えられて。

届いたのでさっそく使ってみると。
30秒で67~68。つまり1分間では140弱。
猫の心拍数は100~130らしいので、リラックス時にしてはやや多めかなぁ。
これが極端に増減していないかを、日常的にチェックするつもり。

ただ、ゴロゴロ言い出すと全く聞こえなくなるので寝ているときにしか測れない…。
(むくは触ったり、だっこするとすぐにゴロゴロいい始める子なので^^;)

むくは肥大型心筋症の治療を始めることになりました。
治療といっても進行を遅らせ、急な発作を予防する対処療法なので、根本的に肥大した心筋を治すものではありません。
でも幸いなことに病状が進行し発作が起こる前に心筋症の疑いが判明したので、自宅で様子を見ながら病状をコントロールすることになりました。
肥大型心筋症についてはまた改めて書き留めたいと思います。

病気自体の深刻さとは裏腹に、むくは今まで通り元気ですので、ご心配なく…(自分の備忘録&情報提供の目的でブログを書いています)。
この穏やかな日常が続きますように。
[PR]
by columbus59 | 2012-02-14 22:21 | 猫の肥大型心筋症