カテゴリ:保護猫ナナ( 13 )

大きくなったね

素敵なプレゼントを頂きました。
c0046120_2151266.jpg


ななさん、幸せそうで何よりです056.gif
c0046120_21514476.jpg

[PR]
by columbus59 | 2013-08-04 21:56 | 保護猫ナナ

ナナちゃん、元気でね

昨日、ナナを里親さんのもとへ届けてきました。

ナナは、夜のウォーキング中に道端で出会いました。
手のひらに乗りそうなくらいの小さな子猫。声をかけると、数メートル逃げたものの、またうずくまってしまって。相方君が近くのコンビニに猫缶を買いに走りましたが、それも食べず、見るからに寒がっていて、私の靴と靴の間に入って動かなくなりました。気温も下がってきていたので、このままでは危ないと思い、30秒くらい色々と考えを巡らせた末、思い切って保護することに。
相方君がもう一度コンビニに戻り、段ボールを買ってきて、その中に入れて持ち帰りましたが、全く抵抗することも騒ぐこともありませんでした。

c0046120_2042922.jpg

保護直後。カイロで暖まった古タオルの上でぐっすり。体がだるいのか、飲まず食わずで、ずっと寝てばかり。たまに頭だけを持ち上げて、蚊の鳴くような声で、にゃーと鳴いていた頃。まったく元気も食欲もないので、保護2日後に病院に相談して入院させることに。
入院させた日は「急変もありうる」と言われてしまい、帰りに神社で回復祈願の願掛けを。

c0046120_20421162.jpg

1週間の入院で、すっかり元気な子猫に☆
c0046120_20421566.jpg

遊びたい盛りのケージ生活はかわいそうだったなぁ。一日に何度も、ケージから出して遊んだけれども。
c0046120_20421541.jpg

むくそらに威嚇されてびっくり顔。
c0046120_20421783.jpg


里親さんに託した帰りに寄ってみました。どこだかわかりますか・・・?
c0046120_20421773.jpg

ついでに有名なとんかつ屋さんで晩御飯。
c0046120_20422913.jpg


ナナは新しいお家でも臆することなく探検し、なじみが早いみたいです。
とても猫を大事にして下さるご家族なので、幸せに暮らせること間違いなし!

そう思うと不安なことはひとつもなく、ナナの強運さを改めて感じる一方で、使っていた食器やおもちゃを片付けていると、何とも言えない寂しい気持ちになってしまいます。でも新しい家族がみつかって、そしてそれがまた素晴らしいご家庭で本当によかった。

ナナちゃん、ありがとうね!!
[PR]
by columbus59 | 2011-11-13 21:02 | 保護猫ナナ

むくそらは見た

獣医さんにはワクチン2回目までは隔離がベスト、と言われていますが、覗き(?)は解禁しています。

隔離部屋を少し開けていると。。。
c0046120_21501163.jpg

ドッキドキのそら氏。

c0046120_2201321.jpg


むくとは違ってすぐには威嚇しないのだけど、ナナがぎりぎりまで近づいて行き、においを嗅いだとたんシャー!!
そらの本格的な威嚇は初めて経験しました。

たぬきみたいに毛を逆立てて警戒気味のナナですが、さすがに本気で威嚇されると、その場で固まるか、私の足の間に後ずさってきます。
・・・が、そのうちすぐに忘れて気ままに遊びだすところが仔猫。

c0046120_21553134.jpg


そらはしばらく頑張って観察してたけど、そのうち「にゃ~!!」と悲しい叫び声をあげて走り去ってしまいました…。(ノД`)

c0046120_22221371.jpg
お次はむくさん。新入りに対しては強気です。
普段はおっとりさんだし、そらによく嫉妬されて追い回されたりしてるのに、縄張り意識は猫一倍。
ナナを威嚇ついでに、そらにまで怒ったりしています。

そらは意外にも小心者。
むくお兄ちゃんに対しては下剋上なのに。
さっきも、ナナが不意に勢いよく接近すると、思わず後ずさるそら。どう見たって相手は小粒なのに、小心なそらさんです。
[PR]
by columbus59 | 2011-11-11 22:30 | 保護猫ナナ

あと2日~。。。

c0046120_18371523.jpg
ナナさん、こんな風にかわいい顔で見上げてくれていますが、遊びに夢中になっているときは、完全に私のことは遊具の一部だと思っているようです。おもちゃを振る、じゃれつくマシーンみたいな??

2,3日前からドア越しにむくそらと対面していますが、フーシャーと威嚇された時は、私の陰に隠れてるんですけどね。緊急一時避難所として。

むくそらとの対面の様子も面白かったので(…と書くとむくそらに申し訳ないけど)、明日にでもブログに残したいと思います。
―相手が子猫だからか、長い時間、気配を感じさせてきたからか、むくそらにはそれほどストレスになっていないみたい。もし我が家に残すことにしていたら、きっと2匹ともうまく迎えてくれただろうなと感じます。いやいや、未練じゃないですよ!
[PR]
by columbus59 | 2011-11-10 18:48 | 保護猫ナナ

体重が700グラムに☆

ナナちゃまが旅立つのは土曜日。
それまでなるべく記録を残しておきたいと思います。

c0046120_8553881.jpg
猫風邪が良くなったので、今日は3種混合ワクチンを打ってきました。

アレルギーや発熱などもなく(ワクチンの副反応は2回目以降に起こりやすい)今のところ元気にしています。
先生によれば、2度目のワクチンが終わるまで、隔離が望ましいとのこと。
里親さんにとっては隔離は大変だし、早く先住猫ちゃんと引き合わせたいだろうなぁと思うと複雑です。(私もそう思うから)

でも1回目の接種では、免疫形成が不十分なため、2回目までは隔離した方が仔猫の命の安全のためであることは事実。
最終的には里親さんのご判断にゆだねるしかないのかな。

里親さんが決まったことを病院で報告すると、「さびしくなりますね~」と。ええ、そりゃもう、確実に。
ナナは1週間入院していたので、今も通院するたびにかわいがってもらっています。

新しいおうちのお母さんは猫が大好きで、愛情を込めて育てている方なので、ナナの里心は心配ないものの、私の親心の未練を断ち切らないと(苦笑)

c0046120_22144052.jpg
今日は2度目のウイルス検査もやってもらいました。陰性で、ほっとしました。
が、白血病は、他の猫との接触を断ってから1ヵ月、猫エイズは2カ月経たないと、確実な結果は出ないそうです。
だからナナの場合は、12月半ば以降の再検査が確定診断となります。
保護時の月齢が約1ヵ月ということから、白血病の可能性を一番心配していましたが、これはややフライング検査ながら、たぶん大丈夫だろうと信じています。
猫エイズの方も、もし母子の接触感染があったならば、もう陽性反応が出てもいいはずだし、一番の感染源となる猫同士のケンカをするには小さすぎる齢なので、大丈夫なんじゃないかと楽観視していますが…
先生にも「100%とは言えないけれど、おそらく大丈夫でしょう」と言われ、安心しました。

(実は楽観視の状態になるまでは不安で、調べまくりました・・・)

c0046120_22231248.jpg

ナナちゃん、健康体で、幸せになるんだよ~!! (祈りを込めて)


(胸毛が長い?)
[PR]
by columbus59 | 2011-11-07 22:29 | 保護猫ナナ

デストロイヤー

c0046120_17452379.jpg
ここに映っている細々としたものは全部ナナの遊び道具になっています。
きらきらボールはもちろん、スリッパも、紙くずも。
じっとしていないので、写真がぶれてばっかり。。。

ケージの外に出る時間がよっぽど楽しいのか、ハッスルし過ぎて暴走、落ち着かせることはもはや不可能に…



でもまぁそんな元気な姿が嬉しいのだけれど。







何でも噛みたい年頃らしく、プーさんもナナの犠牲になってます。。


c0046120_17475744.jpg

c0046120_1749334.jpg

c0046120_1749326.jpg

プーさん、ごめんなさい。
[PR]
by columbus59 | 2011-11-06 17:56 | 保護猫ナナ

無邪気を絵にかいたような

ナナの里親さん決定についてのあたかいコメント、どうもありがとうございました072.gif

ナナは、まさにヤング(死語)です。
箸が転がってもおかしいお年頃・・・?

<動のナナ>のあとに<静のむくそら>を見ていると、老成している・・・暖かい場所とご飯があれば、動じない。
次男坊・甘えっ子キャラのそらちゃんまで、ナナと比べると、すご~く落ち着いた猫に見えてきます。

隔離部屋の机の下に、古い鏡があるのですが、ケージから解放されて遊び回るナナは毎回、鏡に映る自分の姿に反応し、
鏡の中の「自分」(とは思っていない)に突っ込んでいったかと思うと、しっぽをぼわ~と逆立てて、斜め飛びしたりしています。
(体を大きく見せているつもりの、例のアレです)

c0046120_22461262.jpg

「あたちはナナよ!つよいのよ!!!」
c0046120_22463246.jpg


体が小さくすばしっこいので、あらゆる隙間に入り込んでしまうナナ。目が離せません。
普段写真など撮らない部屋だけに、ナナの背後に映った雑然とした紙の山を見ると、
もう少し、この部屋を整理しないと、と反省させられる私なのでした・・・(爆) 
[PR]
by columbus59 | 2011-11-01 22:57 | 保護猫ナナ

里親さんが決まりました

ご報告です。
保護猫ナナの里親様が決まりました!
応援頂き、力を貸して下さったみなさま、本当にありがとうございました。
新しい家族のもとへの引き渡しは、2週間後に予定しています。

里親様は相方の会社の方(のご実家)です。先住猫さんもいて、子猫を保護した経験もおありだとか。
安心して任せられます。
正直、こんなに早く決まるとは思ってもみませんでした。
ナナちゃん、本当に強運です。

お別れまであと2週間と思うと急に寂しくなるけれど…
風邪を治して、万全の状態で見送ってあげたいと思っています(むくそらのご機嫌を伺いつつ…)。

遊びだすと静止写真撮れません…
c0046120_21551889.jpg

ななちゃんパーンチ
c0046120_21572656.jpg

お手入れ、お手入れ・・・ にくきゅうは黒のようです^^c0046120_21584032.jpg
[PR]
by columbus59 | 2011-10-31 22:00 | 保護猫ナナ

そらちゃん、とばっちり

昨日はナナちゃんの通院日。
頻度は減ったものの、相変わらずくしゃみが続くので、点鼻薬を抗ウィルス剤から抗生剤に変更することに。飲み薬は抗生剤のまま。

くしゃみはあるものの、本猫はとっても元気で食欲もあり、火曜日に退院してから日曜まで、体重が100グラムも増えていました!骨ばっていた小さな体にも、ようやく脂肪が付いてきて、コロコロと子猫らしくなってきましたよ♪

病院ではゴロゴロと喉を鳴らし(笑)、「この子はかわいいので、すぐに(里親が)見つかりそうですね」と太鼓判(?)を押される。そうだといいなぁ。

ご飯のあとはケージから解放して、しばらく遊ばせるのだけど、元気が有り余ってドタバタと「ひとり大運動会」状態。。。
その音を聞きつけて、むくそらが恐々とドア近くまで様子をうかがいに来ていたのだけど、とうとう今朝は、扉の向こうで激しく威嚇する声が。
姿は見えないけど、きっとむっくんだろうな・・・

隔離部屋を出てみると、そらにまで威嚇をするむっくん。凹むそらちゃん・・・・。あぁ、かわいそうに。。(涙)
むくそらとはまだ対面させていないので、見えない影の存在に、二匹とも不安な気持ちでいっぱいだろうと思うと、本当に申し訳なくて。
なるべく普段通りに接して、ストレスを和らげてあげなければ。

そう、ナナちゃんのおトイレ問題ですが、2回ほど、砂でできましたよ!056.gif
すっかりあったかマットの上で済ませる癖がついてしまっていたので、動物病院でも相談してみたら、おしっこの匂いが付いたペットシーツを砂の下に敷く、うん●を砂の上に置いてみるという定石アドバイスをもらったのでやってみたら、本当に砂でしてくれました。
チッコのしみのついたシーツを砂の上に置いたり、食後にトイレに入れてみたりはしていたけど、シーツを敷く&うん●を置くの組み合わせがナナには一番効果があったようです。
まだ砂を掘る、隠す、ということは知らないみたいだけど、このまま成功率を上げてくれたら、トイレトレーニング完了のはず。

着々と 家猫への階段 を上っているナナちゃんです。

c0046120_1620090.jpg


出して!
[PR]
by columbus59 | 2011-10-31 10:02 | 保護猫ナナ

トイレのしつけが難しい?

ナナは退院後、活動量が一気に増え、わたしが隔離部屋に入るとニャーニャー鳴いて、「出して!遊んで!ご飯!」(?)と訴えてきます。

(我が家には余った部屋というのがないので、必然的にむくそらの出入りが一番少ない書斎がナナの部屋になりました。ただ、私が書斎にいりびたると、ナナも常時『出して欲しい』と鳴くし、むくそらも落ち着かずにかわいそうなので、今はダイニングテーブルにノートPCと書類をだして仕事をして、一日に何度か隔離部屋に通って世話することに。。。)

ナナはよく遊びます!小さい体でドタバタとねこじゃらしやボールを喜々として追いかけています。
本来なら、兄弟で転んだり駆けたりもみくちゃになりながら遊ぶ時期なんだろなぁ…(泣)

私がシーツ交換していると、まとわりついてきます。かなりの甘えっ子。
この子を保護した時、周りには親猫らしき猫はいなかったのだけど、この警戒心の無さからして、親猫は野良ながら餌づけされていたのか?
それとも、飼い猫が生んだ子猫??
よくわかりませんが、ナナは病院でも点滴や注射など、痛い思いをしたのに、人間に対する不信感がありません。いじらしいなぁ…

c0046120_18414732.jpg
基本よい子のナナちゃんですが、ひとつだけ問題が。
まだおトイレの躾ができていないのです。
保護前は路上でしていたのだろうし、動物病院では衛生上の管理から、ペットシーツでしていたので、猫砂というものの使い方がわからないらしい。。。

シーツの上で済ませ、猫砂は無視。
さっき様子を見に行ったら、お気に入りの保温マットの上にうん●が2個、カラカラにかわいて載っていました…。マットをシーツでくるんでおいたから、事なきを得たけれど。
2日前に引き取ってからうん●をしないことを心配していたから、ちょっと安心したんですけどね。
まさか大好きなあったかマットの上でしちゃうとは。。。

どうやって、猫砂でトイレをすることを覚えさせればいいのでしょう?? まぁまだ赤ちゃんなので、ゆっくりおぼえてくれればいいのですが。
とりあえずチッコが染みこんだシーツの一部を猫砂の上に載せてみました。ここがトイレだと分かってくれるかな?
[PR]
by columbus59 | 2011-10-27 18:42 | 保護猫ナナ