カテゴリ:おとなの勉強( 6 )

卒業式

2カ月ぶりにシカゴに来ています。

1日目。むくそらと再会!
寝室で寝ていたらしいむくそらは、スーツケースにびっくりして?フリーズ。むくは定位置の隠れ場所のハンガーの下に潜ろうとしてしまう始末。
寝室入口付近にいたそらに声をかけると、「!!」とすぐに反応して、おずおずと近づいてきて喜んでくれました。むくにも声をかけると、すぐに出てきてゴロゴロと甘えてくれて、無事平和に(静かに)再会を果たしました(笑)。やっぱり忘れないんだね。ちゃんと覚えてくれていて嬉しいよ。

3日目。相方の卒業式(修了式)。
無事修了おめでとう。
午前中にはキャンパスで行われた大学全体の式に参列し、午後は、コンベンションセンターで開かれたビジネススクールの式に参加。2年間(準備期間も含めると3年?)、本当にお疲れ様でした。

c0046120_0123952.jpg

修了式にはマスター(修士号)だけではなく、ドクター(博士号)授与も同時に行われていたのだけど、個人的にはこれが印象的でした。

学長がそれぞれの学部の博士号授与者に対してかける決まり文句として、「welcome you to this ancient and honorable accademic company」みたいなメッセージを伝えていましたが、博士号というのはアメリカでは特に(今は日本でもそうなってきていますが)アカデミアへの通行手形なんだなと実感。到達点ではなく、ここからが出発点なんですね。思いがけず頑張ろうという気持ちをもらえたかな。

c0046120_012591.jpg

同級生美女と












おまけ。
猫に小判の図。卒業式で着るガウンを床に広げたら即効のってきた。。
とはいえ、相方も修了証(diplpma)をその辺にポイっと気にも留めず置いておくので、慌てて「ちゃんと保存しておいて」と頼みましたが。
終わったらもうどうでもいいのかな(--;)後ろは振り返らず?
c0046120_0194855.jpg
[PR]
by columbus59 | 2011-06-15 00:11 | おとなの勉強

捨てる神あれば拾う神あり。

運転が下手すぎて、凹む日々です。
第一段階もあとわずかだけど、集大成の仮免試験に一発合格できる自信がほとんどない008.gif
(そもそも仮免前のみきわめ段階で足止めをくらいそうです)

小学生の頃、どうしてもできなかった『跳び箱の上でのでんぐり返し』以来の不向きのような…。
慎重すぎる性格+運動神経の鈍さ?

そんな私が都内一(ということは日本一?)狭いという教習所内をすいすい回るのはどだい無理な話なのか。。

はぁ。。とため息をつく毎日ながら、今夜はとっても嬉しいニュースが入りました。

More
[PR]
by columbus59 | 2009-03-25 00:39 | おとなの勉強

UP NORTH

今日の都心はこの冬一番の冷え込み。積雪はなかったけど、日中の気温も4℃しかない。
こんな日は、自分は寒い地域には向いてない体質なのだろうと思う。
抵抗力が弱くなり、慢性の鼻炎も一層ひどくなる。
生まれ育った関西や東京は冬の気候がマイルドなので、あまり問題なかったが、旅行で寒い所に行くと、たいてい体調を崩してきた。

ご存じのとおり、バーミーズも寒さが苦手な猫種。

More
[PR]
by columbus59 | 2009-01-09 13:09 | おとなの勉強

ひと区切り

先週末は、1年以上ぶりに実家に帰っていた。
土曜日は姉と「奈良まち」や奈良公園内の春日大社を散策して、奈良らしい素敵な写真もたくさん撮ったのだけど、画素数が大きすぎてとても重い画像になってしまった。
コンパクトなデジカメを新調して、張り切って持っていったものの、初期設定のまま使ってしまったため、一番画質がいい画素数の設定になっていたのだった。デジカメを買い替えるたびに、同じ「うっかり」を繰り返している気がする。。

実家に帰るのは久しぶり、ということは、にゃんずと離れるのも久しぶり。
相方が面倒を見てくれていたのだけれど、自宅に戻ってきて二匹に触れると、体の柔らかさといい、においといい、やっぱりかわいいな~と実感。
たった2泊ほど離れていただけなのに、あきれた猫バカぶりだ。

1年も帰れなかったのは、その間ずっとある課題に取り組んでいたからなのだけど、今日、晴れてそれをパスした証書をもらってきた。

書斎にこもった1年間。
部屋の電気やスタンドの電気が切れ、プリンタのインクがなくなり、レーザープリンタの備品も交換、と、さまざまな機器(?)の消耗品の取り換えが必要になったことも、書斎に籠る時間が長かったことの証明だ。
眠れなくなったり、肩・腰が凝りすぎて「もっと体をいたわらないと」とマッサージ師に諭されたり、身体的にも精神的にも、きつい日々を送ってきたけれど、他の楽しい思い出がない分、あっという間の1年間だった。
寂しいといえば寂しい時間の使い方だけれど、今となっていはいい思い出。

とはいえ、この1年間、自分の怠惰さとの戦いのなかで、負けはいっぱいあった。なんでもっと早く、集中して取り組めないんだろう?と自分自身にあきれることもしばしば。集中できない時間もたびたびあった。
そういう意味で、反省が残る1年間でもあった。

ここ数日、高校時代の友達たちに久しぶりに会う機会に恵まれた。
毎日同じ授業を受けていたあのころと違って、生き方は人それぞれ。今の女性は多様な生き方を選べるように見える分(実際には色々と制約があって自由には選べないのだけど)、それが迷いや生きづらさになっているようだ。私も含めて。
私ははたから見れば、目標に向かって頑張っているように見えるようなのだけど、決して迷いがないわけではない。むしろ迷いだらけ。
どんな立場、どんな環境にいても、みんなそれぞれに悩んだり、考えたりしているんだなと改めて感じた。
お互いの生き方や価値観を認め合って、いい刺激を受けていければと改めて感じる貴重な機会になったと思う。

明日からもまた、気持ち新たにがんばろっと。
[PR]
by columbus59 | 2008-09-30 23:26 | おとなの勉強

おとなの勉強 その4

(その4だったか、定かではないけれど、去年から続けている「おとなの勉強」シリーズです。)

私の方はファイナルに近づいてきましたが、相方のほうは、先日ひと山越えました。
やっと中間地点、という段階で、まだ後半戦は続くのですが、とりあえず一段階クリアしたのです。

そのクリアが、見事なものでした。
仕事をしながら勉強するのは大変なこと。
そのうえ数ヶ月前から、土日も勉強に費やし、休みなしで集中して頑張っていました。
同じ境遇の人とのネットワークの構築により、情報ややる気を共有できたこともあって、
1回目の挑戦で、目標点をゆうにクリアできたのです!

勉強を始めるのが遅くて、はたで見ている私の方がやきもきしていた時期もあったけど、
いったん始めたら、まず取り組み方のプランニングから始まって、緻密に計画を立てていました。
途中無理がたたってマイコプラズマに罹ったこともあったけど、プレッシャーに押しつぶされることなく、結果につなげた相方を尊敬。

彼曰く、試験前はプレッシャーで緊張するのだけど、いざ始まると自分で頭が回転してるのがわかるそう。
まぁ、大言壮語と言えなくもないけど、今だけは好きに言わせておこう…

私も「いま、頭が回ってるな~」と感じる機会はあるにはあるけれど、
ほんのたまにしか感じないし、ここぞというときにそれが出来るかといえば、たぶん出来ないだろうから。

彼にはまだこれから取り組む新しい課題もあり、安心するには全然早いけど、相方を見習いつつ、私も自分の課題達成に向け、精進しようと思います。
[PR]
by columbus59 | 2008-08-11 19:23 | おとなの勉強

巻き直し

c0046120_0355070.jpg


c0046120_0332770.jpg

More
[PR]
by columbus59 | 2008-06-24 00:56 | おとなの勉強