ワクチンは誰のため?

NYから日本に帰国するにあたって、私たち夫婦はむくの検疫準備のために狂犬病ワクチンを打つ必要に迫られた。

日本政府が認可しているワクチンは「不活化ワクチン」。これに対して、かかりつけの獣医が使っているものは「生ワクチン」。獣医は安全性を重視し、一番副作用の少ないワクチンを使用していたが、不活化ワクチンを打たなければ入国できなくなってしまう。

色々と情報をかき集める中で、初めてワクチンの深刻な危険性を知った。不活化狂犬病ワクチンを猫に接種した場合、非常に進行の早い、悪性腫瘍を発生させる危険性があるということを。
2005/7/1の日記


このような危険性を知っても、已むにやまれず、獣医に不活化ワクチンをとりよせてもらうことになった。首元にうった場合、そこに腫瘍が出来たら摘出が難しくなる。最悪の場合切断できるように、獣医はワクチンを足にうっていた。

ワクチンの副作用を調べる過程で、白血病ワクチンの危険性も知ることになった。もちろんNYのかかりつけ医は白血病ワクチンは勧めなかった。が、ちょうど日本を経つ前に、獣医に勧められるがままに、むくに白血病ワクチン(4種混合)を打ったことがある。あまりの自分のナイーヴさに、猛反省する気分だった。

ところが。おバカな飼い主は同じことを2度繰り返してしまう。



先日、そらの2回目のワクチン接種に行った。

そらはすでにブリーダーさんのところで1回目のワクチンを済ませており、2回目の接種となる。
3種混合をうけさせるつもりだったが、「子猫のうちは免疫を作るためにぜひ5種混合を勧める」という獣医師の言葉があり、そのまま5種混合を接種してもらうことにした。なぜ、そのまま従ってしまったのか、あとになって激しい後悔の念を生じさせることになる。

3種混合…猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症
5種混合…3種+猫白血病ウイルス感染症、猫クラミジア感染症

上記の通り、5種混合は3種に白血病と、クラミジアのワクチンが追加されたものである。
獣医によると、クラミジアは完全室内猫でも発症例があるらしいので、念のため免疫を作っておいた方がいいということであった。ワクチン名は「フェロバックス5」。不活化ワクチンである。

注射後2時間くらい経ってからだろうか、そらの元気がみるみるなくなっていった。動かず、食欲もなく、ただ寝ている。元気だった注射前とは明らかに様子が違う。熱があるようだ。
翌朝、病院に連れて行く。高熱が出ていた。
「猫がワクチンでこんな風になるのは7年ぶりくらいだなぁ。犬だと副作用で顔が腫れる子とかも結構いるんだけど、猫はあんまり(副作用は)出ないのに」
獣医はこう言いつつ、熱が出ても、安静にしていれば1,2日で治るといって、特に治療はしなかった。

そうは言われても、心配は尽きない。ワクチン名を検索すると、非常に高い頻度で高熱などの副反応が現れることが分かった。「7年ぶり」などありえないのだ!

そふぃママさんからとても有益な情報を頂いた(そふぃママさん、ありがとう)。
☆ある獣医師の見解=ワクチンの副作用=について。
☆そしてワクチンの副作用の臨床例について。


改めて上記HPでフェロバックス5について検索してみると、ワクチンの関連性が予想される重篤な副作用が何件も報告されている。そらと同じような経過から「死亡」してしまった猫たち。身震いする思いだった。

そらは幸いにも元気になってくれたけど、自分の浅はかさを痛感した出来事だった。

人間の医療については、患者の権利が叫ばれ、医療内容の開示が進められ、医療環境をめぐる事態は急速に変化してきた。

けれども動物医療はどうだろう?

これだけのペットブームが起こり、コンパニオンアニマルなどと謳われるようになっても、獣医療はいまだベールに包まれたままだ。
医療界と製薬会社の閉じられた世界。ただ獣医に勧められるままに医療を受けるのではなく、飼い主も主体的に関わっていかなければならない。

もちろん、科学(医学)に絶対などありえない。
けれどもたとえ不幸な事態になってしまっても、全く無知で招いた事態よりは、自分で納得の上、選択した結果であるほうが、まだ救われる。


≪獣医師-製薬会社≫の関係が、≪獣医師-患者≫の当事者関係に転換するためには、私自身の意識、つまり飼い主の意識を高めることが一番重要であり、回り道のように見えても、実は一番の近道であるように思う。

たいへん僭越ながら、飼い主一人一人の意識の向上が、よりよい獣医療の実践へと繋がってくれたら…と、願ってやまない。自省を込めて。
[PR]
by columbus59 | 2006-05-30 12:53 |
<< 10年間の変化 ノミュニケーション(死語?)/... >>