そらのしこり:手術は延期、様子を見ることに

今朝、そらを予定通り病院に連れて行きました。

c0046120_2145246.jpg



昨日の段階で、しこりはどこにあるのかにわかにはわからないほど小さくなっているように思えました。なので、いつも動物看護師さんが最初のチェックをするときに、「ほとんどどこにあるかわからなくなった」と伝えると、彼女も見つけるのに苦労している様子…。ダブルチェックするために、ドクターにも診てもらう間、「手術せずに済むかもしれない!」と期待が膨らみました。

そしてドクターの診断は…

・確かに小さくなっている(数ミリくらい)。
・悪性の腫瘍(ガン)の場合、ステロイド投与で一時的に小さくなることもあるが、普通は広がっていく。ステロイドを先週半ばからもうやめているなら、小さくなってきているのは、ワクチンによる炎症・副反応だったことを示している可能性が高い。
・この小ささならば、今すぐ、手術で取り出す必要な必要はない。
・今後は大きさを毎週チェックして(毎日だと、大きくなったか小さくなったか、逆にわからなくなるから、1週間に一回、カレンダーにマークしてチェック日にする)、もし大きくなってきたら、すぐに取りだしたほうがよい。

ということで、手術が延期になりました!

まだ完全には消失していないので、100%安心という訳ではないし、ドクターには「Keep an eye on it!」と繰り返し言われましたが、小さくなっていること自体は良い兆候なのだそうです!完全な自然消失を祈り続けます。

皆さん、本当に暖かい励ましをありがとう(涙)。とてもとても勇気づけられました!!





小説家の角田光代が、こんなことを言っていました。

「猫を飼ったときにまず思ったのが、動物にせよ、子どもにせよ、あと彼氏とかにしても、新たに生き物と関係を作るのって、もちろんそれを自分が望んでするわけだけど、全部いらん悲しみが付いてくるって思ったんです。飼わなければ、産まなければ、付き合わなければ、それがいなくなったり死んだりしたときに悲しくなったりしないでしょう。当然、その喜びもあるからするんだけど、絶対に悲しみの方が大きいわけで。私達のすることはなんて悲しいんだろうって猫が来てあらためて思いましたね。」


今回の件で、私たちにとってそらは本当にかけがえのない存在なんだということを実感しました。
「たかだか猫で…」と思われるかもしれないけれど、もし失ってしまったら心の痛みをどう乗り越えて行けるだろうか、、、と。むくそらとの日々に感謝し、大切にしたいと思います。
[PR]
by columbus59 | 2011-01-25 02:27 | 猫の検疫準備録
<< 21世紀の猫 そらのしこり next step >>